ニキビの治療には、自分の肌に合ったものを選びましょう

Beauty

髪を増やしたい

自毛植毛の課題とこれから

 驚くべき急成長を遂げ、評判も上々の自毛植毛ですが、その要因はやはり「髪の毛が生える」という点でしょう。しかも自分の毛根でありますから、頭皮にもなじみやすく、髪質や色などまったく違和感がないというのも大きな利点です。  このまま需要が増えれば従来の植毛はその数を減らしていくことが予想されますが、自毛植毛にも一つ問題点があります。それは採取するドナーが無い、もしくは少なければ、充分な植毛をおこなえないという点です。あくまで髪の毛の濃い部分からの移植ですから、薄毛がかなり進行している人にとっては満足な結果が得られません。  それを踏まえ、今後は毛根自体を培養する、いわゆるクローンの登場が期待されています。これならドナーが少なくても対応できるからです。

評判は実績に裏打ちされる

 自毛植毛と言っても、そのやり方は複数存在します。現在はFUE法とFUT法の二つが世界中でおこなわれている方法ですが、それぞれにメリットとデメリットが存在しますので、それらをあらかじめ頭に入れておくことをおすすめします。  FUT法は後頭部などからメスを使って広くドナーを採取します。毛根もほとんど傷つかず、定着率も高いことから優れた自毛植毛と評判の方法です。ただ、傷跡が目立つ恐れがあるのが難点です。一方FUE法はパンチでくりぬくため、毛根が傷つきやすいですが傷跡はほとんど目立ちません。  クリニックによってはどちらかしか取り扱っていないことも多く、前もって確認しておくと良いでしょう。  自毛植毛には医師の技術の差がはっきり出ますので、評判の良いところを選ぶことをおすすめします。やはり実績のあるところは自然と評判も良くなっています。